PAGETOP
HOME > NMRニュースレター > 投稿規定
Last Update : 2017.05.25 

NMRニュースレター 投稿規定

本ニュースレターは日本核磁気共鳴学会会員相互のNMRに関する情報交換の場を提供するものです。会員からの情報提供(投稿)を随時受付けます。お送りいただいた原稿は、原則として無審査で掲載しますが、NMRに無関係のものや公序良俗に反するなど本レターに不適切と理事会で判断したものは掲載不可とします。なお文責は投稿者にあり、本学会はレターの内容に起因するトラブルには一切責任を負わないものとします。
投稿ご希望の方は下記の投稿規定に従って作成いただき、原稿(PDF)を指定送付先(※)までお送りください。
※指定送付先 kyoumei_postman@sci.hokudai.ac.jp


[1] ニュースレターの内容について

  • 学会からのお知らせ・学会誌新着情報
    学会・学会事務局から会員への連絡事項。日本核磁気共鳴学会機関誌の新着情報。
  • 若手研究者渡航費助成
    若手研究者渡航費助成金(旧:京極記念基金)により参加された方の報告書。
  • NMR討論会・チュートリアルコース
    NMR討論会の発表・参加案内。チュートリアルコースの参加案内。若手ポスター賞応募方法など
  • 共催事業・学会・会議等開催案内
    講演会・研究会のお知らせ。国際会議の開催案内、参加報告(内容・感想等)。研究室の訪問者による小規模セミナー等で部外者参加を歓迎される場合など。
  • 求人
    企業、研究機関等からの求人情報。博士研究員・教官等の公募案内。
  • 研究支援情報
    施設利用、教科書(※1)、機器提供(※2)、その他NMRに関する研究支援情報(※3)。

※1:新刊書の書評、最近読んだ興味深い論文の紹介。
※2:新製品情報(新製品の紹介は賛助会員に限らせて頂きます)。不用物品情報(譲り受け等の交渉に関しては直接当人同士でお願いします)。
※3:実験上のちょっとしたアイデア・工夫・ティップス、ソフトウエアの公開、出版はしないが報告しておきたい興味深い実験結果・スペクトル、研究に関する報告等。ただし、本レターはプライオリティーを保証するものではありません。自己の責任においてご投稿ください。引用はニュースレター内では自由ですが、他所で引用されたい場合はご本人の了解を得て私信として引用してください。


[2] 原稿の書式について

  • 原稿(PDF)の長さは原則としてA4半ページ程度までとします。ただし、研究に関する報告、国際学会参加報告については2ページまでとします。
  • 書式:1行目左端に日付(2009年4月1日なら2009/04/01と書いて下さい)。2行目にタイトルを書いて下さい。3行目に所属・名前を書いて下さい。一行あけ、5行目から本文を書き始めてください。フォントは角ゴシック体、サイズはタイトル16ポイント、他はすべて12ポイントとしてください。原稿(PDF)はそのまま本学会ホームページに掲載します。
  • 送付:原稿(PDF)はメール添付ファイルで指定送付先(※)へお送りください。メールのタイトルは"ニュースレター"としてください。
  • メールには原稿(PDF)を添付する以外に、メール本文には原稿の日付、タイトル、所属・名前をコピーし、一行あけて要約を記載してください。要約は会員メール案内用に使用します(若干編集する場合があります)。

(2004年制定)
(2013年7月改訂)